糖尿病の発症原因の一つに遺伝的要因があることが近年分かってきました。近親者に糖尿病の人がいるならあなたも関係しているかもしれません。症状や原因、予防方法、治療方法について詳しく解説しますので当サイトをご参考下さい。

  • ホーム
  • 遺伝子検査の進歩は将来の病気の発見に繋がる?

遺伝子検査の進歩は将来の病気の発見に繋がる?

最近は医療関係のニュースで、遺伝子検査ということについて耳にする機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。
私たちが持つDNAは人により異なります。
しかし、研究による進歩によって、特定の病気についてかかりやすいかどうかなどの予測ができる可能性も出てきています。
遺伝によって引き継がれる遺伝子があるので、当然病気も遺伝していくことになるのです。
そういった傾向をつかむことで予測ができるようになれば、病気の予防など将来の健康を考えたときに大いにプラスになるということができるでしょう。

DNAの検査でかかりやすい病気などを予測することができれば、それに対して前もって対策を講じることができるようになります。
はじめから食事や生活の中で配慮をするなど気を付けておくことや、定期的に検査をしておくこと、事前に必要な治療を受けておくことなどが可能となっていくのです。
ルーツや人種など、大まかな分類では判断できなかったようなことが、細かい検査ができるようになることによってより確率の高い具体的なリスクとして把握することができるようになります。
こうした結果、日々の健康管理の中でも活用しやすくなるでしょう。

実際に病気を発見するための検査をしようとすると、入院などが必要な場合もあるため、とかく大掛かりなものになってしまいがちです。
毎日の生活や仕事もままなりませんし、医療費もかさんでしまいます。
すべての項目についてこうしたことを行っていくことは難しいでしょう。
そこで、どのような病気にかかる確率が高いのかという事を、前もって知っておくことで、リスクの高い項目だけに絞って検査をすることができるようになります。

このように、遺伝子検査が進歩することによって、私たちにとって分からない部分が多い病気についてある程度予測することができるようになるため、対策が現在よりとりやすくなるということが言えます。
ぜひ今後の発展に注目していきましょう。

DNA検査で自分のルーツも調べられる

近年における遺伝子検査の進歩は目覚ましく、DNAを調べることによって将来どのような病気にかかりやすいのかといった傾向や確率まである程度予測することが出来るにまでに至っています。
さらに遺伝子を調べることでその人がどのようなルーツの人種系統に辿り着くのかといったことも分かるようになってきました。
人類の歴史は長く、そのルーツは700万年以上とも400万年以上とも言われています。
我々人の祖先はアフリカにしかいなかったことが分かっています。
そこから人間がどのようなルートをたどって分化していったかについては、近年まで多くの研究者の間でも盛んに議論が交わされながらも、はっきりしたことが判明していなかったのです。

我々は人類の中のホモサピエンスの生き残りであると考えられています。
ホモサピエンスの前にはネアンデルタール人が地球上に生存してましたが、4万年程前に絶滅しました。
能力的にはホモサピエンスに劣らないどころか優れた能力を持っていたと考えられるネアンデルタール人が絶滅し、ホモサピエンスが残った理由は一体なぜなのでしょうか。
学説には様々なものが唱えられていますが、DNA検査でその謎の一つが分かる可能性があります。

また、我々日本人はモンゴロイドに分類されていますが、沖縄に古くから住む人や北海道にいるアイヌ人などは日本列島に昔から住んでいる系統とは違い、ある時期から独自に進化したということも分かっています。
病気に対する強弱も沖縄に古くから住む人、アイヌ人、日本列島に昔から住んでいる人では耐性が異なります。
DNA検査で自分のルーツがある程度分かると同時に日本列島のDNAが強いのか、沖縄に古くから住む人のDNAに強いのかということが分かるということです。