糖尿病の発症原因の一つに遺伝的要因があることが近年分かってきました。近親者に糖尿病の人がいるならあなたも関係しているかもしれません。症状や原因、予防方法、治療方法について詳しく解説しますので当サイトをご参考下さい。

  • ホーム
  • 糖尿病、頻尿、多尿で発生する症状について

糖尿病、頻尿、多尿で発生する症状について

いちごケーキを食べる女性

糖尿病はわが国に多い生活習慣病の一つです。
血糖値が高くなる病気でこれによってさまざまな症状をきたしてきます。
まず、糖尿病によってのどが渇きやすくなります。

そしてのどが渇くと、たくさん水を飲んでしまうため、多尿になります。
一日に何回もトイレに行きたくなるのもそのためです。

また夜間も頻尿に悩まされることになります。
このようにのどの渇きから様々な症状がみられるようになることが特徴です。
糖尿病は一度なってしまうと現代の医学では治ることはないので、予防が重要になってきます。

糖尿病を防ぐためには生活習慣を見直していく必要があります。
具体的な方法を紹介していきましょう。

基本的には食事と運動習慣を見直すことが第一歩になっていきます。
まずは普段から運動を習慣づけるようにしましょう。
そしてこまめに休息も取りながら、ストレス解消していくことも大切です。

また食事も栄養バランスを考えて、あまり糖質が多くなり過ぎないように注意しましょう。
そして体重減少がみられたり、疲れやすいなどの症状があらわれた場合には、すぐに病院を受診した方がよいでしょう。
なぜなら怖い糖尿病の合併症などが隠れている場合もあるからです。

また、頻尿や多尿がみられる際は、腎臓がかなり負担を受けてしまっています。
糖尿病の合併症の一つに腎障害がありますが、これはわが国における透析導入の原因の第一位だと言われているくらいです。
腎臓の中の糸球体という毛細血管の集まった組織が障害されることで、このような症状がみられます。
透析導入が必要となる場合、定期的に病院に行く生活をしていかなければならなくなってしまいます。

腎障害は基本的には直すことは難しいと言われていますが、進行を遅らせることは可能です。
専門の医師の適切な処置を受けることで少しでも症状を緩和させることもできることがあります。
そのため、早めに受診して早期発見早期治療につとめることが大切になります。

糖尿病は意識して予防しましょう

糖尿病は生活習慣病の一つです。
つまり不摂生によって発症する恐れがあると言うことです。
しっかりと意識して生活することで予防することは可能です。
血糖値が高くなると多尿や頻尿などの症状が見られるようになります。

また、のどの渇き、体重減少、疲れやすいなどの症状も見られるようになります。
これは腎臓が血液中のブドウ糖を水分と一緒に尿として排出しようとしているからです。
そのままで何もしなければ糖尿病になる恐れがあります。

まずは血糖値を上昇させないことが重要なため食事の改善を行います。
食事をとると一気に血糖値が上昇します。
血液中の糖を分解するにはインスリンが必要です。
それが足りなくなるか効かなくなることが糖尿病の原因になります。

ですので、糖になる炭水化物を取らないことが大切です。
ただし栄養を取らないわけにはいかないので無理な節制はやめましょう。
また、有酸素運動をすることで血液中の糖を細胞内に取り込むようになり、インスリンが適正に働いて血糖値を下げることができます。
だからと言って休みなく続けるのではなくしっかり休息をとって行いましょう。

最も重要なことは継続することです。
ストレス解消も糖尿病の予防には有効です。
ストレスが高まると血糖値を上げるホルモンが分泌され危険な状態となります。
特に原因がないため気がつかないうちに症状が出ている場合は、このようなストレスによるものが多く見られます。

糖尿病は一度罹患したら治らない病気です。
そのため予防はとても重要になります。
なってからでは遅すぎるため適正な食事を摂取し、適度な運動を行って、ストレスを溜めないようにする。
それが健康的な生活をおくる上で大切なこととなります。

アーカイブ
人気記事一覧